風邪をひくのって悪い事なの?

画像の説明

こんにちは近藤です。

皆さんは鼻水が出たり、咳が出たり、高熱が出たりというような風邪をひいてしまうことにたいしてどのような考えを持たれていますか?

・免疫力が下がっている
・栄養がたりてない
・身体が弱いから

そんな風に考えてたりする方ももしかしたらいるかもしれませんね。

そこで少し視点を変えてみると新たな見方が出来ると思うので、それについてお伝えしますね。

結論から言うと、風邪をひくことは免疫システムがしっかり働いてくれているので、むしろ良い事です。

しっかりと体の中で
ウイルスや細菌戦っている証拠です。

逆に風邪をひかないことの方が怖いくらいです。

戦っていれば高熱が出るのは当たり前だし、鼻水や咳が出るのも当たり前で、大切な排泄作業です。

なのでよっぽどのことがない限りは薬は飲まないです。

よけいな薬は毒だと考えてます。

過剰に飲むことで身体の中に本来あるはずの治す力や作る力がどんどん機能しなくなります。

そして自分の体で解決することがどんどんできなくなっていきます。

確かに薬が必要なケースもあるので、そこはお医者さんとそうだんしながら治療していけばいいんです。

普通の風邪程度なら、自分の身体に任せてもいいんじゃないかなと思います。

風邪をひいたり、鼻水や咳が出るのは良い反応です。

あなたのカラダの中にある治る力が働いている証拠です。

風邪をひくということは免疫力が下がっているのではありません。
そして身体が弱いというわけでもありません
風邪をひくということはしっかり免疫が機能していてウイルスや細菌と闘ってくれている証拠です。つまり体の中で治る力が存分に働いているということです。

あなたの中にあるこの偉大な力を感じ、そしてその力を最大限発揮できるようになることで、あなたの人生はもっと豊かになるんじゃないかなと思います

ということで今回はこれで終わります。

少しでも風邪に対する見方が変わった、そんな風に思っていただけたら嬉しいです


柳井市・周防大島町で人気の腰痛、肩こりを改善するための整体サロン
Kjカイロプラクティック整体院
〒742-2803 山口県周防大島町土居933


▼友だち追加をタップしてラインで予約▼

友だち追加

コメント


認証コード8038

コメントは管理者の承認後に表示されます。